2007年11月

2007年11月の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レーシックの情報収集はこちらから

こんにちは、sunnyholidayです!

前回からちょっと間が空いてしまいましたが、だんだんと街にクリスマスの雰囲気が広がってきましたね。寒いけど、街にお出かけするだけでちょっとウキウキする季節です!

そろそろ友人に出すクリスマスカードを探さなきゃですね!

さて、今日はレーシック手術のクリニック選びのポイントについて、前回の続きを書くつもりだったのですが、ちょっと便利そうなサービスを見つけたので、紹介しますね。



「視力回復レーシックコム」様のサービスで、主要なクリニックに一括資料請求をしてくれます。

術式選び、クリニック選びの基本となるのは情報収集!と何度か書きましたが、ここのサービスを使えば一気に色んな情報が揃いそうです。

それぞれのクリニックが持つ技術の、良いところ、悪いところを理解した上で、どの技術が自分の目に合うのか見極めたいところですが、そのためには色んなクリニックの資料を見比べるのが一番です。

そうやってある程度の知識を得た上で、クリニック選びに臨みたいものです。


(応援をよろしくお願いします)
fc2smallにほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
スポンサーサイト
レーシックの情報収集はこちらから

今回はクリニックの選び方のお話の続きをしますね。

レーシック手術を受けることを考えている方の情報収集の方法として、前回は、

(1)
まずインターネットで基礎的な用語や全般的な知識を集めること、

(2)
この時には、候補となるクリニックをリストアップだけしておき、クリニックの絞込みはある程度の知識を得てからにしましょう、

というお話をしました。

その理由はこちら

レーシック手術を行っているクリニックのウェブサイトを見ると、盛んに自分が持っている技術の優秀さ、安全さを競い、それが全く新しい、最新鋭の技術であるかのように宣伝しています。確かに、新しい技術は古い技術の欠点を克服すべく登場するものですから、古いよりは新しい方が良いようにも思います。

しかし、本当に自分の目が、最新鋭の技術を必要としているかどうかについては、ある程度自分でも知識を蓄えて、じっくり考えた方がいいと思います。

ぶっちゃけた話、レーシック手術には色んな種類や、優れた最新技術があるように見えますが、基本的な手術の手順は同じです。フラップをつくり、エキシマレーザーで角膜を削り、フラップを閉じる。この流れは変わりません(というか、この流れで行われるものをレーシック手術と呼ぶ、といった方が正確でしょうか)。

違うのは、フラップの作り方や、検査機器やレーザー機器の性能といった、周辺事情です。でも、人それぞれ目の使い方は違いますし、角膜の厚さや必要とされる矯正量(削る量)も違いますから、そう言った事情を含めて、自分に合った手術、自分が必要とする技術を見極めたいものです。

自分の知識だけで判断するのが難しかったら?

私がお勧めするのは、候補となっているクリニック全部に資料請求して、送られてくる資料それぞれを見比べ、読み比べることです。クリニックから送付される資料には、ウェブサイトよりも充実した情報が載ってますので、資料を見比べることで、その技術の特徴や長所がより深く理解できるようになります。

例えば、LASEKの技術を導入しているところと導入していないところがあります。導入しているところの資料にはLASEKの技術がどのような人向けで、どのような可能性が開けたのかが書いてありますし、導入していないところには導入していない理由が書いてあります。1つのクリニックの資料からだけでは、自分がLASEKの技術を必要としているかどうか、なかなか判断できません。

複数クリニックの資料を見比べることは、レーシック手術のより深い理解につながります。

【参考】
錦糸眼科(札幌・東京・大阪・名古屋・福岡)
神奈川クリニック眼科(東京・名古屋・大阪)
品川錦糸クリニック(東京・大阪・名古屋)


実際にクリニックを選び、手術を受けた私の感想としてはしかし、こういった各クリニックが持っている技術や手法は、クリニックを選ぶ際の必要条件とはなりましたが、決定要因とはなりませんでした。

「最低限この技術かこの技術のある所で選びたい」という思いはありましたが、「この技術が素晴らしいからこのクリニックに決めた!」とはならなかった、ということです。

クリニック選びには、各クリニックが宣伝している技術や手法より他に、もっと重要なこと、もっと重視すべきことがあります。

そのことについては、また記事を改めて書きますね。


(応援をよろしくお願いします)
fc2smallにほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
レーシックの情報収集はこちらから

健康補助サプリって、ちょっとわくわくしませんか?

sunnyholidayはコンビニとかドラッグストアでサプリを見つけるたびに、「これを飲みはじめたら体調がものすごく良くなって、生活が一変するかも‥‥」なんて思いながら、ついつい手に取って眺めてしまいます。

買いませんけどねっ!

sunnyholidayはQ10、マルチビタミンに挑戦した事はあったけど、続きませんでした!
やっぱり、信念みたいなものがないと、単に新しいもの好きなだけでは、なかなか習慣は変わりませんね!

でも今のところ、ブルーベリーのサプリはずっと続けています。仕事上、pcをずっと眺めてなきゃなので、ちょっとでも負担軽減になれば、と思って。

サプリの森占い

これ、ちょっと面白いですよ。習慣や考え方の傾向を参考に、性格診断と必要なサプリメントを教えてくれます。ちなみにsunnyholidayは、合理性がなくて支配欲が強いので、DHA-EPAを摂取しなさい!ということでした。ブルーベリーだけじゃダメなのね‥‥。


(いつも応援ありがとうございます)
fc2smallにほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
レーシックの情報収集はこちらから

レーシック手術のクリニック、どんどん増えている感じですね。

sunnyholidayが手術を受けた3年前には、ここまでメジャーな感じはまだなかったと思います。同じように近視で悩む友人・知人に聞いても、「術後の経年変化について、十分な臨床例が取れていない」とか、「レーシックの先駆的な術式であるRK手術の失敗例が報告されている」とか、否定的な意見も多かったです。

まあ、私の周りが保守的だっただけかも知れませんが‥‥

周囲のそんな反応の中、あえてレーシック手術を受けることを決めた訳ですから、そりゃあ情報収集はしっかりとしましたよ。自分が一生お付き合いしていく両目ですから、やっぱり信頼のできるクリニックで、納得のいく手術をしてほしいじゃないですか。そのためには、事前の情報収集は絶対に欠かせません!

そして情報収集の第一歩といえばやはり、インターネットの活用でしょう。インターネットでレーシックに関連する全般的な知識を集めながら、候補となるクリニックを幾つかリストアップして、資料請求してみましょう。

【参考】
錦糸眼科(札幌・東京・大阪・名古屋・福岡)
神奈川クリニック眼科(東京・名古屋・大阪)
品川錦糸クリニック(東京・大阪・名古屋)


ただし、この段階ではまだ、クリニックの絞込みは行いません。なるべく多くのクリニックを候補としてそれぞれの技術や特徴を把握しつつ、先にレーシック手術に関する全般的・基本的な知識を理解することをお勧めします。

と言うのは、例えば個別のクリニックの紹介で、「当クリニックでは最新鋭の機械を導入し、レーシックより進化したスーパーミラクル技術でフラップを作るから回復率超高いよ!」と書いてあったとしましょう。その時、基本的な知識がないと、自分の目に本当にそのスーパーミラクル技術が必要なのか、その技術の導入によってどの程度回復率に差が出るのか、判断に困ることになるからです。

ある程度の知識があれば、その技術がどの程度ミラクルで、どの程度自分に必要なのかの見当をつけることができます(少なくとも、クリニックに質問してみることができます)。

最低限、レーシック手術の手順を把握し、基本的な用語(例えば、フラップ、マイクロケラトーム、ハロー、グレアなど)を理解してから、どのクリニックが信頼できるか、どのクリニックの持っている技術が自分に合うかの検討に入った方が良いと思いますよ


(いつも応援ありがとうございます)
fc2smallにほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
レーシックの情報収集はこちらから

久しぶりに映画館へ行って、「ヘアスプレー」観て来ました!

めがねやコンタクトの時代には、一生懸命字幕を追わなくっちゃいけない種類の洋画は、正直、観るのにある程度の元気が必要でした。今はもう、字幕必須の洋画でも普通に楽しめるけど、それでも気楽に楽しめるミュージカル映画がsunnyholidayは大好きです。

そう言えば、前回劇場で見た映画は「ドリームガールズ」でした

「ヘアスプレー」の舞台は1960年代のアメリカはボルチモア。黒人差別がまだ公然と行われていた時代の、ショービジネスの世界を題材に、というのは、そう言えば「ドリームガールズ」と共通してますね。

でも私の感想としては、「ヘアスプレー」の方が「ドリームガールズ」よりもずっと良かったです

「ドリームガールズ」は、確かに歌は素晴らしかったし、ゴージャスさ、きらびやかさ、登場人物たちのファッションやスタイルの魅力は「ヘアスプレー」よりもずっと上だと思います。「ヘアスプレー」の方が地味な印象はあります。

でも何というか、「ヘアスプレー」の方がずっと舞台的で、ミュージカル的で、リアリティはないけど痛快!という感じです。特に、クライマックスに向けての盛り上がりが素晴らしく、sunnyholidayは感動のあまり涙ぐんでしまいました!

‥‥と言っても、sunnyholidayはディズニーランドの「it’s a small world」を見て涙ぐむほどの涙もろさですから、あんまりあてにはなりませんけどね(笑)。

ミュージカル映画は断然、テレビ画面で観るよりも劇場で観る方が楽しめます!気分爽快、ストレス解消!
sunnyholidayの本年度お勧め映画にノミネートです!


(いつも応援ありがとうございます)
fc2smallにほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
sunnyholidayは2004年の秋にレーシック手術を受けました。
手術を受けてから、もう3年になります。

その間、お仕事の関係もあって、ほぼ毎日pcモニタをにらみ続ける日々が続いています。
そんな仕事ですから、また以前のように視力が自然減退していくのではないか‥‥という不安が常にあるのですが、今のところ、特に問題はないようです。

10月に受けた今年の検査でも、両目ともに1.5、1.5を維持していました
検査の結果を見て、ホッとしました

レーシック手術を受けたからといって、永遠の良好視界を約束されたわけではありません。たとえ副作用とかがなくっても、目の酷使によって視力がまた衰えて、以前のような近眼になる可能性は常にあるわけですから、目は大事に大事にしてあげたいと思います。


(いつも応援ありがとうございます)
fc2small
何気なくテレビをつけていたら、昨日の晩の8時ぐらいだったかな、コンタクトレンズが原因の角膜潰瘍が増えている、という特集をやっていました。

チャンネルや時間ははっきり覚えてないんだけど(ブロガーとしてまだまだですね。反省!)、コンタクトレンズを上手に正しく使ってなくて、角膜に傷がついてしまい、そこから雑菌が入って潰瘍ができて、場合によっては失明に至る!という内容でした。

確かにコンタクトを買うときには、専門の医師に相談して適性を見てもらい、その医師が使用上の注意やアドバイスを行う、ということになっています。

でも、実際には、適性が合わないから使用をやめたほうがいい、と言われる事はほとんどなくて、そんなに厳密な検査とかはしない、と言う事は、コンタクトを買った事のある人ならご存知だと思います。

コンタクトの小売業者が医師を雇って、自分たちの隣のビルとかに開業させるもんだから、どうしてもまず販売ありきの診断・処方になってしまう、と以前に別のテレビで見た事があります(テレビばっかみてるわけじゃないですよー)。

さっそくネットで調べたところ、コンタクトの中でも特に、おしゃれ用カラーコンタクトに問題が多いみたいです。

というのは、「度」の入っていないカラーコンタクトレンズは法律上、医療機器に該当しないらしいのです。そのため、普通のコンタクトレンズと違って、医師の処方なしで売る事ができ、量販店やネットで「お手軽」に買えるようです。

実はsunnyholidayも数日前にブログで取り上げましたが、「黒目を大きく見せる」「瞳が潤んで見える」ようなコンタクトレンズはやっぱり人気があり、売れ行きは急上昇らしいです。

どこでも買える、という「手軽さ」も売れ行き急上昇の理由のひとつでしょうね。でも、その「手軽さ」のせいで、販売者側も購入者側も、取り扱いが雑になりがち、というのは十分想像できます。

問題はそれだけではなくて、カラーコンタクトの質そのものにもトラブルの原因があるようです。

国民生活センターによると、カラーコンタクト10銘柄のうち、2銘柄で眼粘膜刺激が起こりうる程度の「毒性」が確認され、さらに4銘柄で色素の溶出が確認された、らしいです。しかも、そのうち2銘柄では溶出液が蛍光を発し、アルミニウムなどが溶出していた、と報告されました。怖い!
医療機器に該当しないせいで、きっちりとした品質管理ができてないのですね。

これを読んで、いくらお手軽に手に入っても、興味本位でカラーコンタクトに手を出すのはやめよう、と思いました。せっかく手に入れた素晴らしい視力を、こんなつまらないことでリスクに晒すのはどう考えても割に合わないですからね!

でも考えたら、レーシックもPRKも、角膜を削ってものの見え方を変える手術なんだから、その辺は大丈夫なのかな、とまた心配になってしまいました

今は大丈夫でも、20年後、30年後に、体力や免疫機能が落ちてきた時にも、トラブルは起こらないのかしら?

まだまだ新しい技術だけに、そうした経年的変化については分からない、分かっていないところが多いように思います。情報収集をしっかりしてれば、これから色々と臨床報告とかが
入ってくるのかな、と思います。


(いつも応援ありがとうございます)
fc2small
そうそう、コンタクトレンズのお話でした。

Sunnyholidayがまだ大学生だった頃、めがねが嫌で嫌で、
コンタクトレンズに挑戦したことがありました。

はじめてコンタクトを買った時には、
神か救世主が降臨したかのように喜びましたね

街を歩いていても、すれ違う人々がsunnyholidayを見る目が、
いつもと違うような気がしたりして、
妙に胸をはって、颯爽と歩いたものです‥‥

その時の気持ち良かった事と言ったら!

それ以来、人と会う時や、ちょっと街まで出かける時には、
必ずコンタクトをするようになりましたね。

例えばショッピングの時でも、それまでだったら決して
選ぶことのなかったシャツやワンピースに目が行くようになったりして、
新しい自分の可能性を感じたりもしました。

でもね‥‥

当時のコンタクトは決してお安い買い物ではなくて、
お金持ちとは言えない大学生が毎日使い続けるには、
ちょっと経済的負担が大きいものでした。

しかも丸一日装用していたら、眼への負担が結構大きい、
という事もだんだん分かってきて、最初の期待と興奮が過ぎてしまうと、

「高い割に自分の眼にジャストフィットじゃないし、
着脱や洗浄も面倒だし、何だか割に合わないな‥‥」

なんて感じるようになってしまいました。

だんだん、本当に大切な人に会う時とか、
張り切ってお出かけする時にしか使わなくなって‥‥

ストックが切れそうになっても、補充に買いに行くのも
おっくうに感じられるようになったのでした。

ま、sunnyholidayが面倒くさがりだった、と言えば
それまでなんですが‥‥

そんな感じで、コンタクト時代は、何となく終わってしまいました。


(いつも応援ありがとうございます)
fc2small
こんにちは、sunnyholiday77です。

昨日ひっそりとはじめたこのブログに、
早速コメントをいただいてしまいました!キャー!
誰かからコメントをいただけるって、やっぱり嬉しいですね。
まんげつさん、また遊びに来てくださいね!

この3年間で、レーシック手術が受けられるクリニックも
随分増えたと思います。
ちょっとインターネットで検索しても、たくさんヒットするし、
視力回復関係のクリニックのホームページだけじゃなくって、
sunnyholidayみたいに、実際に受けた人や、
これから受ける予定の人の情報とかもたくさんあって、
今から受ける人は事前にいろんなことが調べられるので、
恵まれた環境だなー、って思います。

ま、情報は多ければそれでいい、
というわけでもないですが‥‥

これからレーシックを受けることを考えている人は、
しっかりと情報収集して、後悔のない選択を
してほしい、と思います。

sunnyholidayも、そのためのお役にたつような
情報が提供できれば、と思っています。

ではー


(いつも応援ありがとうございます)
fc2small

もちろん、コンタクトレンズも試しましたよー。

最近はコンタクトレンズも、いろいろ面白そうなのが出てますよね。
瞳が大きく見えるとか、瞳が潤んで見えるとか‥‥
そういうのがあると知った時には、ちょっと試したみたいなって、思いました

sunnyholidayがコンタクトに挑戦した時には、まだそんなのはなくて、
せいぜいカラーコンタクトがあったぐらい。
使い捨てコンタクトレンズがだんだん売行きを伸ばし始めて、
長くつけていられるようになってきた頃だったんじゃないかな。

でもね‥‥

強度の近視で、かつ乱視だったsunnyholidayに、ぴったり合う
コンタクトは確か、なかったんじゃないかなー。

これで0.8ぐらいにはなりますよー、というのしかなかったと思う。
うん。

それでも、めがねが嫌で嫌で、使いましたともさ。
これで、めがねをかけたり、外したり、探したりする煩わしさから解放される!
これで、めがねなしで外出できて、おしゃれももっと楽しめる!
これで、鍋の時もシイタケとか回避できる(笑)!

はじめてコンタクトを買った時には、
神か救世主が降臨したかのように喜びましたね。

でも、そんなコンタクト時代もそう長くは続かないのでした‥‥


(いつも応援ありがとうございます)
fc2small

最近は、めがねをかけた女性タレントさんも
どんどんテレビに出ていますね。

Tommy February6や、時東ぁみさんが頑張っているせいか、
街の中でも、めがねをかけた女性が増えているように思います。

眞鍋かをりさんも、めがねをファッションにしてしまいましたね。
(話題としては、どれもずいぶん遅いかもですが‥‥

ほんの少しの昔のことだけど、私が手術を受けた当時はまだ、
めがねをかけた女性のイメージといえば、もっとずっと
消極的なイメージだったと思います。

勉強ばかりしている、プライドが高い、自信がない、
自分の世界に閉じこもりがち‥‥そんなイメージでしょうか。

テレビで出るのも、僻みキャラとか、女教師役とか‥‥(笑)

そんな時だったから、めがねをかけた自分の姿に自信が
持てなくっても、ある意味当然だった、と思います。

私が手術を受けるまでの事を思い出して書こうと思ったはずが、
ずいぶん暗いトーンの記事になってしまいました 
そんなつもりじゃなかったんですが‥‥

また書きますねー

はじめまして、こちらはsunnyholiday77と申します!

プロフにも少し書きましたが、
めがねをかけた自分の姿が嫌で嫌で、
3年前にレーシック手術を受けました
(正確には、PRK手術という種類らしいんだけど‥‥)。

そのあと、特に異常とかは出てないんですが、
最近また急になぜか、自分の目は本当に大丈夫かな、
なんて思うようになってきたので、もうちょっと私が受けた
手術のことを調べようと思っています。

レーシック手術に関心のある人、これから受けようと思ってる人、
もう受けたよ、という人、いろいろ情報交換しましょう。

どうぞよろしくお願います。

SEO対策:レーシック 副作用 LASIK 視力回復
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。